スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞い降りた『片翼の天使』

いやー、この時期はGW前に車がほしいというお客様が多いのでバタバタしますねぇ。
前回の更新から随分と日が立ってしまいました。

とはいえ、代わり映えのしないRO生活を送っているので書くこともあまりないのですが。

今回の記事はROとはまったく関係のない内容になるので、その辺はご注意を。
ROの事書こうとすると、色々ともやもやした部分を書いてしまいそうですからね。




さて、ではROでないとするなら何の話題かと言うと。

プロレスです。

私のWLの師匠であるANTIさんはプロレスも非常に詳しい方で。
色々とお話させていただいていて興味を持ったので、はじめは深夜テレビでプロレスの観戦をしていました。

キン肉マン世代ということや、子供の頃ゴールデンで流れていたプロレスのタイガーマスクの印象が強く、
マスクマンが好きなんですよね。

ライガー

獣神サンダー・ライガー選手なんかは、自分が子供の頃にやっていたアニメとタイアップでリングに出てきた選手
なのですが、中の方は代わっていないんですよね。
テレビで試合を見て、まだ現役でやってらっしゃるんだなぁと感動しました。

わからないことがあればANTIさんに質問して教えていただいて、色々とわかるようになると試合を見るのがさらに
楽しくなって有料の新日本プロレスリングワールドを契約して、過去の色々な試合等を視聴するようになりました。

そうなってくると次のステップです。

生で観戦をしてみたい。

幸い、自分の住んでいる市には年に2~3回新日本プロレスが興行をしにやってきます。

初観戦は夏のG1という大きなリーグ戦でいうこともあり、観戦を楽しみにしていました。
その頃になると選手の名前や経歴、フィニッシュホールド等は大抵理解している事もあり、楽しみだなという
カードもありました。

が、一番の目的はライガーを生で見るという事でした。

・・・だったんだけれども、出る試合が第一試合6人タッグマッチ(3VS3)だった為、実際にライガーさんが
リングの上で戦っている時間はとても短く、ちょっとがっかりしたのを覚えています。
入場の時、座っている方に向かってポーズを取ってくれたり、試合を決めたのがライガーだったのでそこは
救いでしたが。

とはいえ実際のレスラーの迫力、テレビで聞くのとは全然違うチョップの音。
そういったもので自分のボルテージが上がっていくのがわかりました。

しかし不満もありました。

テレビ撮影用の固定カメラは東に設置されているため、北側から見ているとせっかくのポーズやアピールも
どうしてもそちら向きになることが大半で、決め技なんかも見えづらいアングルでした。

今は迫力やライブ感を楽しんで、帰って配信サービスで見ればいいかなぁなんて考えていたときに
ケニーオメガという選手と永田裕志という選手のシングルが始まりました。

永田VSケニー


もちろん二人共知っていました。

ですが、その後のメインのカードの方に興味があったので、申し訳ないけれども最初は早く終わんないかな
なんて思っていました。

ですが、ケニーの試合を見ているうちにドンドンと引き込まれて行きます。

自然と声を出してケニーオメガを応援していました。

そしてフィニッシュホールド片翼の天使が決まります。

北側を向いて。

その瞬間、雷に打たれたような衝撃が自分に走りました。

ケニーめちゃくちゃ格好いいじゃん。

その時以来、ケニー・オメガは実在する俺のスーパーヒーローなんです。(ヒールだけど)

その大会で優勝したときには嬉しかったなぁ。

感動する部分もあって、号泣しながら試合を見ましたね。

そんな話をANTIさんと話させていただいたり、今日の試合どうなんですかねぇなんて話を時々してたんですが。

ANTI:「Efini君はグッズとかサインとか欲しい人なの?」

自分:「あーめちゃくちゃ欲しいですね」

ANITI:「俺あんまりそういうのは集めないほうだからいいものやるよ、送るから楽しみに待っててね」

という流れで、ANTIさんが持っていた物を譲っていただけることに。

それが・・・

ケニーカード

直筆サイン入りのキンプロカードでした。

他にも沢山いただいて、こんなレアなものをにわかファンの自分が持ってていいのかなぁとか思いましたが
せっかく譲っていただいたので、墓まで持っていきたいと思います。

ケニーオメガの技名はゲームにちなんだ物が多くて。

片翼の天使はFF7のセフィロスのテーマ曲から。

Vトリガーという膝蹴りはストリートファイターのシステムからとかね。

以前はDDTプロレスという団体に所属していたときなんかはまんま波動拳とか使ってました。

今はヒール(悪役)なので波動拳は使っていませんが。

夏になれば今年もG1クライマックスが始まります。

その時は新日本プロレスワールドという動画のサイトで去年のG1の試合も無料で見れると思いますので、
もし興味をもった方がいたら、是非ケニーオメガVS後藤洋央紀の決勝戦を見てほしいですね。

最後にANTIさん本当にありがとうございました。
約束どおり家宝にさせていただきます。
スポンサーサイト

Comments - 4

レーヴ  

いつも記事を楽しみにさせてもらってます。ぼくも最近飯伏選手や内藤選手がヒーローになりました(*´∀`)ROのほうも楽しみにしてますね

2017/04/21 (Fri) 13:11 | EDIT | REPLY |   
efini  
Re: タイトルなし

レーヴさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

飯伏選手はフェニックス・スプラッシュ、内藤選手も今はデスティーノとかっこいい技がありますよね。
個人的にはまた内藤選手のスターダストプレスをみたいですが、膝の調子もありますしねぇ。

飯伏選手とケニー・オメガがタッグを組んでいたゴールデンラヴァーズとプリンス・デヴィット、田口隆祐の
Apollo55の対戦はジュニアらしさが出ていた素晴らしい試合だと思います。
見ていないようでしたら、機会があれば是非見ていただきたい試合です。

記事内で書いたケニー・オメガVS後藤洋央紀戦も飯伏ファンならぐっとくる場面がありますので、そちらも
合わせて是非。

ROの記事は、ネタができれば書くんですけどねw
いつになるかは・・・トランキーロ、ということで。

ボチボチ書いていきますのでまた見てくださいね。

> いつも記事を楽しみにさせてもらってます。ぼくも最近飯伏選手や内藤選手がヒーローになりました(*´∀`)ROのほうも楽しみにしてますね

2017/04/21 (Fri) 22:53 | EDIT | REPLY |   
くろやぎ  

めーめー。

ここ最近はSkypeもろくにログインしていない状態ですのでおひさしぶりです!

私事とはなりますがわたしが行っていた研究については
諸々の結論や実証結果を得まして満足と絶望を得るに至りました。

当初作りたかったものは作成不可能で、
全て失くしてやりたかったものに関しては最高最大のものができてしまって匙とかクレセントサイダーを投げる勢いです。

ぷろれす…わたしとしては「ショーなのですよね?」と食わず嫌いしていました。
しかしDDTと言うワードには「あ、これ格ゲで見たワードです!」とちょつぴり反応して色々調べたくなりました。

車にプロレス、どれもわたしの普段の興味から遠いものですが
それが環境によって近くに繋がるようになっていたと思うと感慨深いものがあります。

…プロレスの話に戻りますが…過去にお話したわたしが過去に自衛手段として使った事のある
ダッシュからの大外刈り+ラリアットとは正にアックスボンバーと言うプロレス技ですね…!
意外な所に接点がございました。

そういえば精錬祭りはトラブル続きでてんやわんやであるであるそうですね。
ゆのさんはその辺り被害はございませんでしたか?

後…私の知る限りでは盾に関する大きなブレイクスルーはなかったと記憶しておりますが、
えれめんたるちゅーんずのASPD+&セットオプションの盾は未だに現役でしょうか。

そして遅ればせながら究極精錬ご愁傷様です…!
陰ながら遠くから、これからも応援しておりますね?

2017/04/30 (Sun) 14:15 | EDIT | REPLY |   
efini  
Re: タイトルなし

めーちゃん

相変わらず小難しい事やってんねぇ。
まぁ世の中はそんなもんだったりするので、また別の観点から見ていったらいいんじゃないかな。

プロレスについて記載しているのはDDTプロレスリングという団体であって技のDDTではないんだけれど
興味を持ってくれたならなにより。

めーちゃんの住んでる辺でも結構試合をしてると思うので、機会があれば是非観戦をおすすめしますが。

アックスボンバーに大外刈の要素はありません。

精錬祭りはハナからあまりやる気もなかったので大きな混乱はなく。

盾はヤファを差し替えたので以前ほどは使ってないけれども未だ現役ですよ。

究極精錬は自分は欲しかったものができたので満足ですw

まぁまだまだぼちぼちやっていきますよ。

そちらもお元気で。

2017/05/10 (Wed) 22:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。