スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定を変更して

ここのところ、「WLで道を倒せないです」と聞かれたり、ぐなこ氏が倒せないと書いてましたのでね。

予定を変更してちょっと、道攻略でも書こうかと思います。
(とはいっても過去記事の焼き直しですが、ちょっとアレンジして書き直しです)

はい、という訳で道。

ol.jpg

地4の為、火属性魔法が通りますねー。

逃げ打ちメインの私ですが、コイツは抱えてやってますね。

はい、見つけたらまず魔法を打ちましょう。

オークロードはファイアーボルト、コールドボルトを使用してきますので鎧の属性には気をつけましょう。
接敵されてしまえば、ボルトは使用してきません。

壁を背にしないとシールドチャージでノックバックされます。
自分は補正込みV100なのでスタンしませんが、低VITだとスタンの可能性がありますね。

ol壁
(道がいなかったので過去記事の流用画像になります)

壁際にSWを展開して、そこに逃げ込むようなイメージだとやりやすいかもしれません。

無理やりシリーズ化するようであれば、

OLE1.jpg

こんな感じの装備でやってましたね。

始めはグロリアスウィザードスタッフがなかったので、SODでやってました。
その頃は回復剤(WSP)を叩いてましたね。
今は適度にDLを使用して全然賄えてますね。

現在だと、頭は
茨

あたりがお勧めになりますかね。

移動して位置を取れてさえしまえば、ペコHBはいらないのでスイッチしちゃいましょう。
逃げて打たない場合だと、詠唱+25%のデメリットだけ残っちゃいますからね。

地属性攻撃を使用してきますので、不安であれば地属性鎧がいいかもしれませんね。

オークアーチャーをCrRで殲滅しておくとうざったくないですよ。

で、オークロードの難易度を上げている1番の理由は。

はい、EQですね。
ゴスをお持ちのようでしたら、全然耐えられると思います。

HPが80%以下になるとEQスイッチが入りますね。

自分だと初手HIでタゲ取りしますので、その後CrR1発でスイッチが入る感じになります。

サモンスレイブとEQは詠唱がありますが、サモンスレイブは0.7秒、EQは2秒になりますので詠唱で判断が可能です。

で、EQがきましたら。

WIEQ.jpg

ちゃちゃっとWIで回避してしまいましょう。
慣れてないうちは詠唱が見えたらWIとかで様子を見るといいと思います。

SWが切れたらきっちりと更新しつつ、道のEQは詠唱2秒、ディレイ30秒になりますので終了後状況が許せば
QMを置き直すと(ほとんどの人はLV5だと思いますので)25秒のタイマーとしても使用できます。
(結構忙しいですが、TWOいければ大丈夫です)

QM消えたらそろそろかなーという感じに持っていけると割と楽ですね。

HPが30%を切ると爆裂状態に入りますので、きっちりとSWの更新とHPの管理をしましょう。
なれていないウチはWSPなど、回復剤を持っていくといいと思います。

高精錬シャドウスタッフで、高ASPDならDLは捨てて、HI連打、HP回復はWSPなどでやれば難易度は下がると思います。

自分の装備、ステでもEQ2発目の詠唱中くらいに倒せてますので、早めにいけると思います。
(が、シールドチャージでスタン→EQのコンボを食らうかもしれませんね)

HPも比較的少なめなMVPになりますし、地属性攻撃の耐性もそこまでいらないと思います。
(自分はよく嵐の直後に見に行ったりするので、風アンフロのまんまでいったりしますが、なんとか耐えれます)

EQをWIで回避する練習にもなりますので、チャレンジしてみましょう。
(ただあんまりいないかもしれませんけどね。。。)

screenLif [Nor+Ver] 146

コレを倒せねぇよ!という方が多くいらっしゃるようでしたら、動画も検討してますがたぶん、いらないですよ、ね?
スポンサーサイト

Comments - 2

ぐなこ  
No title

私の手にかかれば詠唱見てWI余30k30k30k

2015/07/07 (Tue) 22:17 | EDIT | REPLY |   
efini  
Re: No title

ぐなこさん

詠唱見たらWIを徹底してみましょう。
なれないうちは取り巻き召喚でもWIして観察していると
そのうちわかるようになります。

たぶん高ASPDのぐなこさんなら1発回避してしまえばいける、、はず。

2015/07/09 (Thu) 01:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。