めざせ1流ウォーロック
Lif鯖で活動中の主にWLソロについての記録です
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ちょっとまてそんな話は聞いてない
あ、ちなみにまじかるるぅのの元ネタは。

wl3rd.jpg

3rdWLだったりします。

さて、前回の続き。

正体がわかり、住民の方々もびっくりされていたようですが。

まぁ気づいてなかったほうがびっくりだよ!!といった感じです。

その後、適当にプロフィール等のやりとり。

「好きな食べ物はなんですか?」

猪です。

「嫌いな動物はいますか?」

猪です。

とりあえず、猪と言っておけば笑いが起こるそんな環境に。

「そういえば、車が結構傷ついたって聞きましたけど?治ったんですか?」

ある意味魔法で直しました

「最後にお店の紹介とかあればおねがいシマース」

「魔法がかかったみたいに車を直す○○モータス、よろしくおねがいしまーす。あ、自分のは2日で直りました」

まぁ、捨て身の行動に近かったけれど、みんな笑ってくれてよかったなぁーと。

あ、結果は審査員満場一致で自分がトップでした。

先輩の奥さんが欲しがっていた商品は「有名ホテルペア1泊2日券」でした。

コンテストも終わり、更衣室にて変身解除しようとしたところ。。。

「あーすいません、ちょっといいですか?」

と運営員会の方に声をかけられまして。

「はい?」

「あ、コンテストお疲れ様でした。あの、お願いがあるんですけど」

「はい、なんでしょう?」

「いやーコンテストすごい盛り上がったんで、このあとののど自慢に飛び入りしてもらえません?」

「え”っ、この格好でですか?」

「できれば。。。あのーお礼は差し上げますんで」

「お断りします。」

「えっ、モータースの奥さんは良いって言ってましたよ」

「そんな話は聞いてません」

「いやー盛り上がりそうなんで、そこをなんとか」

「んーまぁ、嫌だって言ってもダメっぽいですしねぇ。。わかりました」

「いやー助かります、えっと、お名前なんでしたっけ?」

「あ、○○(本名)です。」

「そうじゃなくて、まじかるなんとかって言ってたでしょ?」

「ああ、まじかるるぅのですね」

「るーのさん?」

「るぅのです、ぅ」

「るーのさんね?」

「それでいいっす」

「で、歌ってなに歌ってもらえますかね?」

「曲リストあります?えーと、あったあった、これで」

「えっwwwほんとにwwww」

「盛り上がりませんかねぇ?」

「いいんじゃないですか?ちょっと楽しみです。あ、40分後くらいにここに来てもらっていいですか?」

「はーい」

ちなみにいただいたお礼は出店で商品と交換できる券でした。

体育館の前のグラウンドでちょっとした出店がならんでいたので、先輩家族と物色をしながら時間をつぶす。

すれ違った人たちはお疲れ様ーと声をかけてくれたりしていた訳ですが。

誰も目、合わせてくれねぇからな

先輩にはお前、馴染んだなーもう恥ずかしくねぇの?と言われる始末。

恥ずかしいわ

時間も迫ってきたので、更衣室に戻る。

「あ、どうもすいませんねぇ。とりあえず舞台袖で待っていていただいて、合図したら出てきてくださいねー。」

「はーい」

舞台袖で立っていると、あれ?兄ちゃんもでるのかい?とかその格好で歌うの?とかそんな感じで声をかけられ
出番を待つ。

「さぁ、ここで飛び入りの参加者です。女装コンテストの絶対王者まじかるぅぅぅ。。。なんでしたっけ?」

「るぅのですってば!!」

結構な拍手と笑いに包まれながら前の参加者さんからマイクを受け取り、しゃべりながら壇上へ。

「えーと、飛び入りで歌ってくれっていわれましたので、参加しまーす。できれば自分が手をあげたら、ハイとか
そんな感じの合いの手いれてくれるとうれしいですー」

「それでは歌っていただきましょう!!まじかる、なんでしたっけ?」

「るぅのですってば!!」

「ではまじかるるぅのさん、お願いします。ミュージックスタート!!」

軽快な前奏が流れ始める。

そして、、、






つっかもうぜ!!

手を上げる。

ハイッ

ドラゴンボール!!


手を上げる

はいっ



自分で選曲し、仕掛けておいて何なんだが人生で一番盛り上がった摩訶不思議アドベンチャーだったと
思う。

最前列にいた小さな女の子なんかは、歌は知らないだろうけどキャッキャいいながらはしゃいでいたし。

ただ、そんなキラキラした笑顔で見るんじゃない。こうなったらあかん大人やぞ。

知っている人も多くて、一緒に歌ってくれる人もいて会場はかなりの盛り上がりを見せ、無事に歌い終わる。

妙な一体感と拍手に包まれて退場。

その後、お酒を飲まされたり、話のタネに呼ばれたりして結局着替えることも出来ずお祭りの夜は更けていった。

極端にお酒に弱い自分は家に帰ることもできず、先輩の家でそのままブッ倒れる。

「今日、休んでいいぞー」と先輩に言われ、人生初の二日酔いに苦しむ自分がいた。

トイレで吐いた後、洗面所で顔を洗った際、鏡に映った自分の格好を見て割とガチで泣いた。

忘れたいのに忘れられない、悪ノリが過ぎるとこうなるというそんな秋祭りのおはなし。

この服には二度と袖を通すことはなかった。

関係する事象で年末にちょっとした出来事があったのだがそれはまたの機会に。

次回、食料問題だよEfiniさん。

ご期待下さい???
スポンサーサイト
阿鼻叫喚の地獄絵図!忘れたい秋祭り
さてさて一部マチコ先生やR3さんに人気があるだけのような気もしないでもない秘境シリーズです。

まぁなんというか、今回も画像はないけれどもある意味精神力を削られる話です。

一切のクレームとEfiniさんってそんな人だったんですかーという意見は受け付けません。あしからず。

秘境での日常を過ごす中で、先輩の奥さんが言った。
「秋祭りのコンテストの賞品が欲しいんだけどー。出てくれないかなー」

自分はこの人の上目遣いに昔から弱いのである。いや、ほんと美人だから。
「いいっすよ?」

なんの確認もせずにOKを出してしまったのが間違いであったのではあるが。

「ほんとにー?じゃあ採寸、採寸」

「えっ?なんでww採寸とかいらないでしょwwなんのコンテストwww」




「んー?女装!!

「は?」

「大丈夫bとびきり綺麗にしてあげるから!!」

まぁOKしてしまったものは仕方がないし、結婚式の余興なんかで女装とかした事はあるし。
田舎の祭りだと女装か裸が鉄板的なところもあるんだろうしなぁ。

超絶やる気の先輩の奥さんを見て、一抹の不安を覚えたが気にしないことにした。

2週間ほど時は過ぎ、お祭り当日。

そんなに人もいないだろうと思って先輩家族とむかった、体育館には予想に反して結構な人。

あー絶対、ここの壇上でやるよね、女装コンテスト。

悪い予感は当たるものだが、先輩の娘さんに「いこっか」と声をかけられて更衣室へ。

「つーか、なんでついてくるのさー」

「えっ?メイクできないでしょ?」

「えっ?メイクまですんの!?」

「あと一人だと、服着るのちょっと大変かも!」

「なにそれ!?」

という会話の中でふと気づいたことがある。

予想ではせいぜい、ウィッグかぶってスカート履けばいいくらいの気持ちでいたのだが。

「着るの大変って、どんな服なんだよwwww」

「あー。。。。みてないんだ、やっぱり。。。」

おい、顔を背けるな。怖いじゃないか。

たどり着いた更衣室で渡された服を見て、凍りつく。

「ねぇ。。これ、なんて魔女っ子?つーかこんな服どうしたんだよ!」

「えっ?お母さん作ってたよ。採寸したじゃん。Nさん(自分)専用だよ!」

こうして、リボンやらフリフリが着いたなぜか自分専用の魔女っ子服に身を通すこととなった。

あーなんかスカートってスースーするのな。トランクスだからよけいに。

「あーあとこれ」

満面の笑みで黒のニーソとパンプスを渡してくるんじゃない。

「えーこれもかよ。。」

「あ、ニーソ、水色のストライプもあるよ!!」

「黒でいいです。。。。」

茶色のロングのウィッグをかぶり、頭には猫耳のようなヘッドドレス。
お尻には猫の尻尾がワンポイントで可愛らしい。

まぁ問題は着てるのが37歳独身男だってこと。

「うわー意外、お化粧のノリ結構いいね。スキンケアとかしてるの?」

「センガンダケデス。。。」

ここまで来たら、俺も男だ。いや、格好はなんかどう見ても魔女っ子みたいだけど。
こういうのは恥ずかしがってやってちゃ仕方がない。

男の生き様、見せてやるよ!!いやまぁ格好は(ry

というわけで、そんなやりとりは過ぎいざ女装コンテストスタートでございます。

意外や意外、12人ほどの出場者がいてびっくりした。

まぁ明らかにおっさんがセーラー服とかナース服とか着てる中に混じると少しだけほっとしたけれど。

ただ、ただよ!?ここまで気合はいったメイクされてるの俺だけなんですけど!!

なんつーか、余興的な?ふざけて化粧してますーとか大げさに口紅塗ってますーっていう感じじゃないの
俺だけ。

そんなに中性的な顔立ちってわけでもないのだが、メイクってすごいなーと。
鏡に映った自分見たら、あんまり面影がないんだもの。

あ、断じてイケメンではないです。

体系的にはみんながっしりしてたり、だるんだるんだったりしていたワケですが。

身長177cm、体重52Kgと華奢な体型+専用服というのは遠巻きに見れば、女の子っぽく見える。。らしい。

壇上からすぐ見えるところに先輩と奥さんと娘さんがいたけれども、目があった瞬間に親指立ててました。

軽く自己紹介なんかをするコーナーが来た。

「それでは次の方ー自己紹介おねがいします」

ちらりと先輩家族の方を見たら、暖かくそして”何か”を期待しておられる眼差し。

あー畜生、やってやんよ。

サラリーマンをなめんじゃねぇー。

満面の笑みを浮かべ、スカートの端を両手で持ってクルッと一周。一礼。

その後何とでもなれ、とやけになって口走った一言がこちら!


最近やってきました、魔法少女まじかるるぅの、17歳でーす!!

ここに来た時に猪に追突されましたー

静寂。

あ、やっちゃったか。

えーーーーーー!!

(゚Д゚≡゚Д゚)?

おい、秘境民ども、もしかして気づいてなかったんかい!!!




お話はもう少し続きますが本日は出張のためここにて終了。

次回:ちょっとまて、そんな話は聞いてない。

ご期待?ください。








こんなところに(ry
秘境暮らしシリーズの前にリンクの追加からー。

うなぎじゃねえ

同鯖Lifのトミーさんのブログ。
WLやGXなんかでROをプレイされてます。
先日イフリートソロを成功されてましたねー。

自分の記憶が確かなら以前生体でお声がけくださった方だと思いますが。。。
当の昔に自分なんぞは遠く抜き去ってますよー。

同鯖ということですので、またお会いすることもあると思いますがよろしくお願いしますねー。
自分が休止中にリンクを貼っていただいていたようで、遅ればせながらこちらからもリンクさせていただきます。

つーかWLってどうやるんだっけ?てな感じになってますので逆に教えて欲しいです。

さてはて、秘境で暮らすことになったワケですが。。。

あ、今日のネタは多分ホントにどうでもいいやーって思う方が多いと思います。

マチコ先生だけはわかってくれると信じてますが!!

ネットもねぇ、携帯圏外、車もそれほど走ってねぇと、津軽のエミネムさんがおっしゃっていたようなところではありますが。

先日書いたようになぜかパチンコ屋は1件。

ああ、ありがたい。

3日間スロット打てないと発狂したくなるくらいのスロッカスなのでこれは非常にありがたい。

早速P-WORLDで検索して、と思ったがネットは使えないのであった。

まぁ大きめな店でもないし、いい機種もないだろうなーと思って初の休日に出陣してみました。

到着後、お店の中に入ってみるとなかなかに綺麗な感じ。

昭和のパチンコ屋を想像していた為、少し残念な気もしましたがまぁいいでしょう。

ま、ジャグラーくらいはあるでしょーと設置台を見て回ることに。

意外というかなんというか。

他の人からすればどうかわかりませんが、神レベルのラインナップ。

ニューパルサー、ひぐらし(初代)、ラインバレル、クレアの秘宝伝。

そしてなにより

格闘美神ウーロンとシェイク2さらにはアクアヴィーナスまで。。。

ウーロンとアクビは1日中座っていた日が多かったなぁーというくらい好きな台。

思わず「ラインナップマジですごいっすね!!」と話しかけた店員さんに

「ああ、猪に追突された人ですよね?スロット好きなんですか?」と返されて軽く凹んだ。

7枚交換店で設定も中間メインぽいなーという感じのお店でした。

景品のお菓子やタバコ、カップ麺などのインスタント品等割と品揃えも良かったため、秘境在留中はかなりお世話になりました。

規模は大きくないけど、たまにAT機なんかを打ってAT中に終了した時なんかでも「明日朝からこれるー?」なんて
聞いてくれたりして、翌朝行くと続きから打てたりしてアットホームな感じのお店でした。

特に娯楽もないところなので、雨の日なんかは結構地元の人が来てたりして稼働状況も悪くない感じでした。

引き上げるときに「またいつでもうちにおいでよー」と送り出してくれましたが、あのラインナップを打つだけの為に、片道3H
走るのも悪くないなーとすら思いました。

あ、まぁ今日打ちに行ってきましたけどね。。。

そんな事で楽園かよ!!とか言わないで下さい(^^;
R3さんには好みのタイプの女性が多かったと思った、とか言われるのかもしれませんね。

次回、阿鼻叫喚の地獄絵図!忘れたい秋祭りにご期待下さい。


秘境での洗礼
今まで外注していた仕事を自分のところでやりたいから出向してこい、とBOSSよりの指令が出てしまったので
勉強をさせてもらう為に元々ウチの会社で働いていた先輩の所に出向することになったのですが。
(先輩は10年ほど前に、実家の車屋さんを継ぐためにウチをやめて行かれた方です)

しかしながらそこは想像を超える秘境でした。

住むところは先輩が持っている一軒家に住んでいいよーと、言われたので問題なし。
(山奥なので夏休み等に希望する家族連れなんかにプチ別荘な感じで貸している物件らしい。)

新しくもなければそこまで広くもないのだが、一人で住むには十分すぎる感じ。

エアコン、テレビ、洗濯機等はちゃんと揃っていたし、水洗トイレも完備。

お家賃なんと0円。
(使っててもらった方が痛まないしねーとのことでした)

水道や電気の料金は使った分が請求来るのでそれだけ払う感じでした。

それではここで田舎度の測定。

金融機関
郵便局はあるので、お金の出し入れはATMで可能。

公共交通機関
バスが1~2Hに一本くらい。(自家用車持ち込みのため特に問題なし)

買い物
小さな商店や薬局はあるのでそこそこの買い物はなんとかできる(ただし閉まるのが早い)タバコの自販機はある。

コンビニ:最寄りのコンビニまで車で25分くらいかかる。

ガソリンスタンド
家から10分くらいである、がハイオク売ってない
由々しき事態である。自分の車はハイオク仕様なのでレギュラーは入れたくない。
(ノックセンサーはついているのでまぁ壊れることはないにしても)
結局、上記の最寄りのコンビニの横にあるガソリンスタンドまで毎回入れに行く事になった。

飲食店等
15分ほどの所に道の駅があり、こじんまりとしたレストランが併設されている。
が、17時まで。あと毎日やってない。
同様に、車で10分くらいの所に市営(元村営)の温泉施設があり、そこでも食事は可能。平日19:00まで。
地元の人が行くような居酒屋さんっぽいところもある。店主の気分次第で営業時間が変わる。

信号機
道の駅前に一つ設置。

携帯電話
メインの県道沿いならあんまり問題はなさそう。道の駅から離れると電波が弱くなっていく。

夜になってもあんまり外灯がない。

といった感じでしょうか。

特に困ったのは食事とガソリンでしたが、食事に関しては電子ジャーあるしなんとかなるだろくらいな気持ちで構えてました。
(後に改善されることとなるのだが、ここはまた後日)

あ、パチンコ屋はなぜか一軒ありました。最新の台はアナザーゴッドハーデスです。

秘境と書いたため、なんだそこまで秘境でもないじゃない、なんて思った方もいらっしゃると思いますけど。

元々田舎に生まれ、田舎に育った自分が「田舎だねえー」と思うのは、一般人からしたら秘境だと思いますよ。

さて、フワッとした説明ではありますが、なんとなく田舎なのはわかってもらえたかと思います。

それでは自分が受けた秘境の洗礼とは!?

出向2日目、先輩を助手席に乗せお客さんのお宅に挨拶をして回っていた時の事。

唯一の信号にて信号待ちをしていました。

突然、ドン!という衝撃と共にメキメキッという音が車の後方より聞こえてきました。

(゚Д゚≡゚Д゚)?

バックミラーを確認しても後続車は一台もいないため、車から降りて確認しようとしたところ。

今やばいから、降りたらやばい!と先輩が声を荒げたので外の様子を伺っていると。

どす黒い物体が走りさって行くのが見えました。

先輩がぼそっと「お前、すげぇな。猪に追突されたぞ、多分だけど」

二人で車から降りて車のバンパーを見てみると。

海外から取り寄せたリアバンパーが無残な姿になっていました。

クラックの入ったFRPの隙間に猪の毛が挟まっていてちょっとシュールな感じになってましたねぇ。

こうして出向2日目にして、今まで住民が誰も成し遂げなかった「猪に追突される」という偉業を成し遂げてしまったのでした。

田舎の情報伝播速度は侮り難く「猪に追突された金髪の兄ちゃん」として住民の方々に認知されてしまうというオチつき。

まぁ顔を覚えてもらったのである意味ラッキーだったのかもしれませんが。

「まぁ敵はとってやるから安心しとけ」と笑いを堪えきれていない先輩から言われましたが、その時は意味不明でした。

その週末。



猟友会出陣




無事に猪をハンティングした猟友会の皆様から及びがかかり、ぼたん鍋をご馳走になりました。

「敵はとってやったからなー」となれた手つきで猪をさばいていたおじさんに言われましたが、その猪は自分の車にぶつかった猪かどうかは定かでありません。

あ、車は出向先の車屋さんで板金もやってましたので、板金担当のMさんというおじさんが一通り大笑いした後、2日ほどで修理してくれました。しかもちょっと格好よくなって。

次回:こんな秘境にあったとは、神よ!ここは楽園(パライソ)ですか?にご期待下さい。

あ、思ったよりつまらなかったらごめんなさい。

秘境よりの帰還
おひさしぶりです。
Efiniです。

急遽決定した出向により、田舎に行っておりましたが無事戻ってまいりました。

半年以上も更新しないでいても、定期的に覗きに来て下さる方が多数いらっしゃるようで、本当にありがたく思います。

もともと2ヶ月以内の予定だったはずの出向でしたが、1月延び、2月延びといった感じで半年近くも出向していた事になりますねぇ。

短期だし、まぁネット使えなくてもいいかーとは思っていましたが、携帯すら窓際でないと入らないような場所だとは思ってもいませんでした。

実際、現在の職場に戻ってきてばたばたとしているのと繁忙期ということもあり、4月くらいからになりそうですが、ROも再開したいと思っております。

しばらくは浦島状態なんでしょうねぇ。。。

ま、3流からまたやり直すのも悪くないかなーと考えています。

ROもやれてないのでネタがありませんが、田舎暮らしで起こったイベントなんかをしばらく書いてみようかと思ってます。

ご心配いただいた方、環境も環境でしたのでまともにお返事も出来ず申し訳ありませんでした。

頻繁にではありませんが、更新していきますのでまた時間のあるときにでも覗きにきてくださいね。




プロフィール

efini

Author:efini
yokoku.jpg
説明しよう。
EfiniとはLif鯖にて活動中の
装備、PS、知識無いの3運動絶賛実施中WLである。

いつの日かMVPCを手に入れる事を夢見て今日もMVPと戦うのだ!!

最新記事

最新コメント

リンク先ブロガーさん記事更新履歴

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる